Service

採用から退職まで / 教員

ここでは関西大学のITサービス利用のながれを紹介しています。

利用対象者

  • Student学生
  • Faculty教員
  • Staff職員

利用のルール

利用期間

在職期間中

非常勤講師の場合

在職期間以外は、インフォメーションシステムやシラバス入力のみ利用可
例:
  • 春学期のみ授業を受け持つ方: 9/21~3/31は利用不可
  • 秋学期のみ授業を受け持つ方: 4/1~9/20は利用不可

利用のまえに

利用者IDとパスワードを確認

関西大学が提供する無線LAN や電子メールなどを利用するには、本学で発行された「利用者ID」と「パスワード」が必要です。
採用時に配布される「パスワード通知書」に記載された初期パスワードはただちに変更してください。

ITセンター利用申請

ITセンターのサービスを利用するには、ITセンター利用申請が必要です。

情報セキュリティ対策

ガイドラインの確認や、キュリティ対策の基本を守って、安全なIT活用を心がけてください。

ITセンター スタートガイドブック IT Navi

ITセンターのサービス利用、学内ネットワーク接続などに関する情報を提供し、サポートしています。

利用できるサービス

ネットワーク接続

メール

インフォメーションシステム

オンデマンド印刷

オンラインストレージ

 

サイトライセンスソフトウェア

ホームページ公開

デジタルコンテンツ制作支援

オンライン会議

  • Zoom専任教員非常勤講師

学内パソコン遠隔利用

退職時の注意

ITセンターの各サービスの利用期間は、在職期間内です。
退職すると、退職する年の4月1日からITセンターの各システムにログインできなくなります。
個人の必要なデータは退職する年の3月31日までにかならずバックアップなどのデータ取得をおこなってください。

関大Webメール / Outlook専任教員非常勤講師

学会など外部機関への登録アドレスの変更をお願いします。

[専任及び専任に準ずる教員対象]

関大Webメール宛てに届いた受信メールは、申請することで退職後1年間は他のメールアドレスに転送することが 可能です。希望者は以下の申請フォームで利用条件を確認し、手続きしてください。

 退職予定者メール転送サービス申請
 申請フォーム

[名誉教授対象]

名誉教授の方は、年度毎に申請することでメールアドレス(@kansai-u.ac.jp)を生涯利用できます。 以下の申請フォームで申請条件を確認し、手続きしてください。

 メールシステム利用申請(名誉教授)
 申請フォーム
 継続申請は、電子メールで以下の必要事項を本文に記載し、毎年2月1日~3月31日の期間内に申請してください。

  •  「宛先」:itcsup@ml.kandai.jp
  •  「件名」:名誉教授IDの継続利用申請について
  •  「必要事項」:1 氏名、2 名誉教授ID、3 メールアドレス

Dropbox Kansai University専任教員非常勤講師

退職時にDropbox Kansai Universityに保存しているデータを、無料版のDropboxに引き継ぐ場合は、電子メールで次の必要事項を本文に記載し、3月30日までに申請してください。

  •  「宛先」:itcsup@ml.kandai.jp
  •  「件名」:Dropboxデータ引き継ぎ申請
  •  「必要事項」:1 氏名、2 利用者ID、3 変更用のメールアドレス※本学のメールアドレス「~@kansai-u.ac.jp」は使わないでください。

申請日翌日以降に届くメールを確認し、無料版のDropboxへの切り替えを本人が実施してください。 (パスワードの再設定を行います)

Microsoft365専任教員

インストールしたMicrosoft Word、Excel、PowerPoint、OneDriveなどは利用できなくなります。
個人で有償契約を結ばない場合は、ライセンス認証を解除し、アンインストールをしてください。

サイトライセンス契約などを締結しているソフトウェア専任教員非常勤講師

大学がライセンス契約をしているソフトウェアをインストールしている場合は、かならずライセンス認証を解除し、アンインストールをしてください。

メーリングリスト専任教員

メーリングリスト管理者を後任者に引き継ぐ場合、退職年度末までに管理者変更申請をお願いします。申請がない場合は削除されます。

汎用ホームページ専任教員

管理者を後任者に引き継ぐ場合、退職年度末までに管理者変更申請をお願いします。申請がない場合は削除されます。

WordPressホームページ専任教員

退職後は削除されます。

個人ホームページ専任教員

退職後は削除されます。

ホームページ用データベースサーバ専任教員

退職後は削除されます。