ITセンターについてBACK

個人情報の取り扱い

基本的人権とプライバシー保護の観点から、個人情報の適正な利用と保護は極めて重要です。よって、本学の業務に従事するすべての者は、各種法令及び関西大学個人情報保護規程(以下「規程」という。)を遵守し、個人情報を正確かつ安全に取り扱うことにより、個人の権利利益を保護し、社会の信頼に応えます。
インフォメーションテクノロジーセンター(以下「ITセンター」と言う)での個人情報の取り扱いの概要は次の通りです。

情報収集と利用目的について

(1)教育・研究での利用に関して

1.情報入手について

ITセンターがサービスを提供する上で、本学の教職員や学生を特定するために本学に提出されていた在籍情報を利用します。
またITセンターのサービスを利用する際に行われる手続きにおいて、利用者属性、利用目的、研究課題、連絡先等の登録をお願いしています。これらは、適正な利用を確認するため記載していただき、サービス提供およびその向上を図るために利用します。

2.情報公開・提供について

教育・研究目的の設備・施設の利用状況を公表するため、またはサービス向上のため、登録された情報をITセンターまたは本学の発行物、Webサーバに掲載することがあります。

<個人が特定される形態で掲載・提供する目的と情報は次の通りです>
  • 教育・研究目的の設備・施設の利用状況を公表するため、ITセンターの出版物・ホームページに掲載
  • サービス向上(文部科学省等政府や地方公共団体への補助金申請)のため利用者氏名(団体名)、所属、資格、目的(研究課題)、利用状況

なお、この情報の公開・提供を承諾しない場合は、速やかにシステム管理課まで申し出て下さい。申し出が無い場合は、掲載・提供に同意されたものと判断します。

サーバやクライアントパソコンの利用履歴(メール利用状況、Web閲覧状況、パソコン利用状況等のログ)を記録しています。個人を特定できる形態で利用履歴を情報開示することはありません。ただし、ネットワーク利用に関する内規に違反した利用があったときに限り、ログを利用することがあります。

(2)Webページに関して

ITセンターのWebサーバでは、閲覧情報(履歴ログ)を収集します。これらは統計処理した上で、サーバ利用実績として公表することがあります。

(3)電話やメールの問い合わせについて

電話やメールによるITセンターへの問い合わせにおいて、的確な回答のために利用者属性を明示することをお願いすることがあります。この情報は問い合わせに対する応答にのみ利用します。

(4)アンケートについて

アンケートを実施する際には、その都度、その目的、結果の公開や情報提供について明示します。

利用及び提供の制限

前項の目的以外での利用や提供は、法令に基づくとき、本人の同意があるときに限る等、本学の規程により制限されています。

安全確保の措置

収集した個人情報は、不正アクセス、紛失、破壊、改ざん及び漏えいの防止その他適切な管理を行うため必要な措置をとります。不必要となった個人情報は、確実かつ迅速に廃棄します。

自己の個人情報に関する開示

職員、学生等による、ITセンターが収集した個人情報記録の開示・訂正の請求を、規程に則り対応します。

適用範囲

この取り扱いは、ITセンターにおいてのみ適用します。

ページの先頭へ